calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

ほったらかしすぎ

100207_0727~0001-0001-0001.jpg
先日の雪でロッタが少し埋もれた。でも昼過ぎには結構溶けて、次の日の朝にはワイパーに塊が残ってたくらい。カーブでごろごろ音立てて転がってたから、職場の駐車場で地面にかえして(?)やりました。
何かと忙しい毎日で、趣味も何もない感じで過ごしてしまっているけど、(何とか続けてるブログでさえこんな状態)20代のうちに色々やっておきたいなあ。でもほんと、まとまった時間がない。
まあ、やる気があるかないかの違いなんだろうけど。
さて、今日、いよいよ家の着工。緊張してしまう。やっていけるのか、家計。でもああだこうだ考えるのは楽しい。
今年から5年日記をつけ始めた。さて、きちんと続くのか。
5年後、どんな状態で読み返してるだろうか。

年の瀬

CA270054-0001.jpg
何ヶ月も更新を怠っているから久しぶり。載せる写真は2ヶ月も前の!地元優待期間でタダで入った動物テーマパーク。鳥がステキだった。
今年も色々あって忙しく、楽しかった。来年は人生の一大事業が待っている。ああどきどき。確実に、この土地に根をおろす。不思議。

携帯電話

091017_1348~02-0001.jpg
今年いっぱい使ったら丸4年になるこの携帯。さすがに最近電池の持ちが悪いので、機種変を考えていた矢先、同じ機種での発火事件を知り、週末にショップへ。
一時間ほど悩んだ挙げ句、これって物はなく、窓口で電池パックの有無を聞いたところ、入手可能とのこと。
めでたく5年を目指して愛用を決意した次第。赤外線も、外部メモリも、ワンセグもないけど、デコメも、着うたフルも出来ないけど、良いんだもん、在りし日のカシオ!A5512CA!会話とメールが出来たら問題ないでしょう。misoraには迷ったけど。auから他社に変える気はさらさら無し。
秋になっても桜なのはなんだかなあなんで、桜デコは落としました。充分きれい。

むむっ

ここのデザイン変わると思います。借りてるところのシステムの関係により、ブログの移行がなされたからです。いらないものがいっぱい付いてくるなあ。久しぶりにソースを見たけど、気力がなくて、とりあえずベースの色だけ変更。そのうち少しずつ変える…かな?

還暦

昨年の父に続き、母が還暦を迎えました。父、母、姉と私の4人で中間地点に近い山梨・河口湖で落ち合って、お祝いの一泊旅行。
富士山も頂上が見えたし、宿も料理もよかったし、本当に楽しかった!
姉も私も実家を離れてしまっているけど、一緒に住んでいるかどうかではなく、心の繋がりが家族なのだと思う。
祖父母や曾祖父母、そのずっと前から家族は新しい家族を増やしながら、今日にあるのだと思うと、感慨深く、人って尊いなあと感じる。
富士山。遠くから眺める樹海は広かった。大きかった。確かに日本一の山だと感じた。
どうか父も母も、ずっと若々しく元気であってほしい。
心からそう思う。


ひさびさ

姉が大分前に奈良のお土産に送ってくれたクリップ。激カワ!(←若ぶるところが歳を感じる)
主人の実家から大分前に頂いた圧力鍋はかなりいい。これまた大分前に買ったサラダスピナーも感動もので、たこ焼き焼き器も感動もの。なぜ今こんな話なのか。特に意味はない。主婦やってる自慢?的な。とりあえず今は私もパートで働いてるので、時間が無いから(定時で終わるけど)本当、圧力鍋は便利!
色々あるのに、なかなかミシンを買うのには思い切れない。2年以上越しの優柔不断。金額+置き場無しのデメリットが、自己満足の物を作るメリットより断然幅をきかせているのだ。


パン

昨日、こっちに来て初めてパンを作ってみた。発酵はレンジ任せで、一時間もせず焼き上がりまで出来たけど、やっぱり電気代入れたりすると割高なのかな。
実家では、多分小学生の頃、こねるところからレンジ任せのパンを作っていた。ターンテーブルを利用した機械で、音がすごかったのを覚えている。こね機のハネが折れてからそれっきり。その後はレンジも壊れてしまい。
懐かしい家庭の作りたてのパン。こんなに手軽なら、これからも積極的に作ろうかな。うん、でもやっぱり割高なんだろうな。


梅雨

シルバニア。今回は既製品、梅雨仕様。こんな写真を載せつつ、今日は梅雨の中休み。洗濯物がよく乾いて嬉しきこと限りなし!
昨日はすごく久しぶりに母と電話で話して、やっぱり私はまだまだお子様だなあと再認識。楽しいおしゃべりにテンションも上がる。またがんばろうと思える。親の力は偉大なり。


日々

田圃の畦の草むらからこちらを視る雉の眼は、存外無機質で、空恐ろしさすら感じた。
びっくり。
しかしここは本当にいい環境で、雉が鳴いたり郭公が鳴いたり。先日は夫婦で近くの運動公園へジョギングに行った。2キロも走れず愕然。十年の月日はこうも筋肉を衰えさせるのか…。運動部でそれなりにやっていた私は何処に。当たり前のように次の日は体中が痛く、更にはその次の日まで痛みがとれない始末。さすがにショック。
写真は以前母が送ってくれたチョコレート。宝石のよう。うっとり。もうとっくの昔に消化済みだけど。贅沢だった。ふふ。


20代

一週間程前、20代最後の一年が始まった。でも実はそんなに実感わかなかったり。
主人にもらったマトリョール(マトリョーシカ型オルゴール)と久しぶりワンホールのケーキ!
友達や家族から手紙やカードやメールや色々来て、すごくうれしい誕生日だった。
何より、誰かの心の隅に少しでもわたしの居場所があるのがありがたくて。小さく生きてる自分としては、本当に感動するので。みんなみんなありがとう!


<< | 2/8PAGES | >>