calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

categories

archives

招き猫まつり

おかげ横町招き猫まつり
今年も行って参りました。先日の、日曜日。
おかげ横町の招き猫まつり。
行くのは4回目です。
愛らしい招き猫ばかり。そして限定メニュー「ニャンチ」の来る福カレー。
ニャンチ
ねこプリンもお持ち帰りして、福福いっぱいもらった気分です。残念ながら9月29日、「来る福」のメインの日には平日だから行けないけれど、堪能。生猫にも触れたし!やっぱ猫でしょ。

金沢

8月と9月と、妙に忙しい毎日でした。
忙しかったからか、単なる馬鹿だからか、夏風邪をひいていました。というかまだ本調子じゃないかも。先月中旬の職場の交流会のあとからのどが焼けるように痛くなり、咳が止まらず。
そしてそんな状態のまま、宿もとってあるし、休みもとってあるし、で、先月末、父の運転する車で母と3人で、初!金沢へ行って参りました。
わたしは小さい頃から車の長旅に慣れていて、(長いときは12時間くらい?)むしろ好きで、(もちろん自分が運転するのは無理だけれど)久しぶりの中距離旅行にうれしい限りでした。
昼には金沢に着き、茶屋街をぶらっとして、道の狭さに驚きました。茶屋街をぶらっとしているうちに夕方になり、チェックインを済ませてから、おいしいお寿司を食べに。写真は撮らなかったのだけれど、見た事のない魚の盛り沢山な事。いやあ、日本海は違うねえ。
そして次の日、更にひどくなった咳にはおかまいなしに、兼六園へ。
兼六園の灯籠
有名な灯籠。
兼六園の樹
何となく撮った樹。
学力がもう少しあれば、金沢大学を目指していました。
一番行きたかったのは、岡山大学なんだけど。学力の問題と、実家からの遠さと。
結果的には、卒業した大学が一番よかったと思う。住めば都と言うが、とても暮らしよかった。
金沢は、おつりが新札なのに驚いた。偶然続けてだったのか。それとも?
夕方、合掌造りの富山の五箇山へ立ち寄る。でももう5時近くて、一つの集落しか見られなかった。
五箇山の電燈
普通に人が住んでいるのが、当たり前なんだけど、不思議な感じでした。チェキを使ってあおり撮り。もう夕方です。
五箇山の消火栓
そしてレトロな消火栓。あえて明度補正してません。
親と旅行するなんて、もう何年ぶりだろう。
来年の今頃とか、色んな事を思って、しみじみと胸の痛みを感じました。
旅行から帰って、風邪はいよいよひどさを増して、鼻に来て、職場のティッシュペーパーを一箱空けてしまいました。
ああなんだか最近忙しい。
でもこの休みには、パイレーツオブカリビアン観に行けたし、数年ぶりに『フィーメンニンは謳う』と『タッジー・マッジー』(漫画/白泉社/山口美由紀著)を読んだ。数少ない手元に残してる漫画のふたつ。わたしを構成する大切な漫画。
創作意欲がわくよ。

洋裁

4月から洋裁を習っているのですが、やはり若い頃洋裁を習っていた母の持ち物、古い針の包み紙にとても趣があります。
この写真を撮るために、普段眠っている裁縫箱から取り出してみました。
それにしても、フルタイムの仕事に習い事をしても、なかなか進まないです。週に1回、2時間。仕事の関係で休む事もしばしば。ああもどかしい!専門学校行きたい・・・なんて思う始末。ええ、無理ですとも。
レトロ縫い針

なつ

ほおづき
昨日母がほおづきのかたちの和菓子を買ってきてくれた。
かわいい。和菓子って見るのが楽しい。
味は、実のところ苦手。
和菓子の甘さは、饅頭一個でいっぱいいっぱいです。クッキーならいくらでも食べられるのにな。
ものすごく久しぶりな更新になりました。
ネットに繋がったのも久しぶりです。
先日、大学時代に初めて自分のバイト代で買った思い出のデスクトップVAIOを手放すことになりました。手放すというより処分するといった感じなのだが。
処分にあたってデータの削除をしていて、懐かしいメールを読みました。大学時代の若々しい会話が残っていました。
気持ちを新たにしました。

なんと一ヶ月

気がついたら一か月経っています。
なんとなく、忙しかったのです。
総会がふたつ。
熱海に出張しました。熱海っすか。人生経験です。チークダンスっすか。人生経験です。勉強になりました。色々とわかりました。
男尊女卑さが。なんて仕事の愚痴はやめましょう。
泊まったところのコースターがレトロでかわいかったので、持ち帰りました。いいね。

イメージ

お木曵き
先日伊勢神宮の式年遷宮のお木曵きに、一日領民として参加しました。これはその時にいただいたもの。生憎の雨模様でしたが、とても貴重な体験をしました。来年も参加したいと思わせるような。伊勢神宮に行くと、いつも心が無に近付く気がします。
しかし、人のイメージというものはわかりません。
こんな風に無に近付く事が喜ばしいのに。
わたしって、一体他人からどういう風に見られているんだと心配になる時があります。考えてもいない事を「○○○って思うから?」とか、わたしが意地汚かったり意地悪な風に考えてる風にたずねられる事があります。そんなに意地汚かったり、意地悪な風に考えているようにみえるのだろうか。そんな風に見られている事がショックだし、そんなことを言う人を不審に思います。本当に、考えてもみないことを言われると。確かに最近目が極端に悪くなって、目つき悪いかもしれないけれど。
いつか言われた「キープ?」はいつまでたっても忘れられません。ショックすぎて。一気に友達ゾーンから飛び出しましたね。
でも、神代を思うと、こんな事考えるのは無益な気がしてきました。もっと心を広く持ちたいものです。批判って、聞き苦しいですもんね。

誕生日

昨日は、誕生日でした。
とても幸せな誕生日でした。
とてもとても幸せな誕生日でした。
いろんな人が、自分の誕生日を覚えていてくれて、本当にうれしいです。
LIFEのロッタも祝って(?)くれました。
ありがとう、ロッタ
ありがとう。みんなありがとう。
慢性的に人間として寂しさを思う身としては、誰かの頭の隅っこにでも置いてもらえている事が、とてつもなくうれしいのです。
そして、大切なものが増えて行く事も、とてもうれしいです。

<< | 2/2PAGES |